worldtrip K's presentation

ちょっとした贅沢な旅行を

プルマンバンコクGホテルGクラブルームーバンコク旅行⑩アコーのアップグレードに関して

f:id:worldtripkk:20180602155034p:plain

さてラウンジにてお姉さんから新しい部屋のカギをもらいました。

どうやらアテンドしてくれるようです。

この方には滞在中非常にお世話になりました。

 ラウンジ嬢「あなた今回が初めての宿泊よね」

僕「そうだよーいつもはSPGかハイアット。バンコクではヒルトン系列に一番泊まったけどいまは泊まっていないんだー」

ラウンジ嬢「え?なんで?」

僕「ヒルトンはいつもラウンジが混雑している魅力のあるホテルだと思わなくなってきたよ。でもここのホテルはお洒落だしいいよね」

ラウンジ嬢「ありがと。また泊まってね」

 

というような会話をしていると部屋につきました。

公式サイトではGクラブルームというのはトップページではでてきませんが

予約を進めていくとこのような部屋が選択可能です

f:id:worldtripkk:20180602155139p:plain

やっぱりアコーのホテルは結構詳しく部屋について書いている印象です

 

ではお部屋を見てみましょう

入ってみるとさっきまでいた部屋より開放感があります

f:id:worldtripkk:20180602154658j:plain

ベッド

白え統一されていて非常にすっきりしてます

f:id:worldtripkk:20180602154711j:plain

お風呂

f:id:worldtripkk:20180602154747j:plain

洗面台

f:id:worldtripkk:20180602154739j:plain

 

テーブル

 

f:id:worldtripkk:20180602154757j:plain

 

意外と部屋自体はシンプルなつくりでした

僕が泊まった部屋は2605

このフロアでは比較的広めのお部屋のようです

f:id:worldtripkk:20180602154818j:plain

 

さて

アコーのアップグレードに関して書きます

アコーのゴールドでは基本的には1UPグレードと公式HPに載っています。

しかし、ホテル側の裁量次第では

結構なアップグレードがあるのがどこのホテルにも共通するプログラム

 

ここプルマンバンコクGで聞いた話をそのまま書きます

 

僕は今回ラウンジで

二通りのパターンを聞きました

最安値の予約をしてエグゼクティブルーム以上になるかどうか

関してはエグゼクティブルームまではリクエストがあれば可能なようです

 

しかし、当然ながらラウンジアクセス権というものはついてきません

 

なので初めからエグゼクティブルーム以上を予約したほうがいいということです

 

 

次にスイートにアップグレードはあるのかということです

 

これに関してはアコーのゴールドを持っているとある

ということです

その時の宿泊状況にもよるが

基本的にエグゼクティブルーム以上を初めから予約をしていてあらかじめリクエストを送ってくれれば可能性は大ということです

 

また、今回の僕みたいなことが起きないためには初めから1UPグレードでGクラブルームにアップグレードしてくれとリクエストして欲しいということでした

 

ということは

ホテル側の裁量もあるが基本的にはリクエストしてくれないと動かないwww

 

ということのようですwww

 

これはプルマンバンコクGに限った話ですが

ソフィテルやプルマンレベルまでのアコー系列ではリクエストすればもしかしたら

 

という結果になるようです

 

あと、レイトチェックアウトの件です

今回僕は早朝便でしたが

友達は用事があって帰りは別々となりました

また夜便であったためホテルを17時ぐらいにチェックアウトすればいいいんですが

だいたいどこのホテルの上級会員でもレイトチェックアウトは16時です

 

だいたいのホテルでは「飛行機の時間がこうだからこうで」

っていうとじゃあ部屋は16時まででそのあとはラウンジでいていいよ

とか

18時までOK

とか様々です

 

そんな僕の友達は

17時までのレイトチェックアウトがOKでそのあとはラウンジにいていいよ

ということでした

彼はアコーのゴールドを持っていませんが僕が持っていたのでそのスタッフが融通を利かせてくれました

 

今回の滞在で思ったことはスタッフが比較的若いのにしっかりと対応してくれるなかで半ばスタッフも僕と同じ年ぐらいなので

友達感覚で

「うん。いいよー」

というような感じがしましたww

 

これに関しては僕は非常に好きな感じですが人によっては両極端でしょうか

 

ただこのような僕たちのわがままを最後まで聞いてくれて非常に満足のいく滞在となったのは事実です

 

では今から大好きなイタリアンレストランへいきます